News&Topicsイベントのご案内と活動報告

2024.02.13 / BLOG

2/27(火)地域医療デザインフォーラム:人の心が動くプレゼンテーション術 - art of interaction - 講師:カンジヤマ・マイム


AUTHOR / 日本医療デザインセンター

地域医療デザインフォーラム
カンジヤマ・マイム
『人の心が動くプレゼンテーション術 - art of interaction - 』
2/27(火)20:00〜21:30@ZOOM

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

多くの人を前に講演や発表するときに
貴方はどのような準備をしますか?

この投稿を見ている貴方は
日々の会議やスタッフ教育はもちろん
講演や学会での口頭発表、学校での講義など
多くの人を前にお話しする機会を持っているでしょう。

今回の地域医療デザインフォーラムで
講師をしていただくカンジヤマ・マイムさんは
「おしゃべりなパントマイミスト」として、
話芸を交えた身体芸で、全国で公演をされている人です。

想像してみてください。
90分の公演で数百名のオーディエンスを
惹きつけるのがどれだけ難しいか。

カンジヤマ・マイムさんは、
アーティストとは別の様々な違う「顔」があります。
まずは落語協会の正規会員であり、
寄席芸人として都内の鈴本演芸場をはじめとする寄席に定期的に出演しています。
またPh.D(教育演劇学博士)として、
早稲田大学で講師として毎週講義をしています。
そこでは、講義のすべてを英語でおこなうそうです・・・!

そうです。
カンジヤマ・マイムさんは
公演、寄席、大学の教壇と
日々多くのオーディエンスに向けて
40年以上プレゼンテーションをし続けている
プレゼンテーションのプロフェッショナルなんです。

資料をしっかり作り込んだのに。
価値ある情報を提供しているのに。
聞いている相手に届かなくてがっかりしたことはありませんか?

もしそのような悩みや課題を感じている方は
今回のフォーラムは最大のチャンスです。

プレゼンテーションのプロフェッショナルが
どのような準備をしているのか?
舞台上ではどんなことを意識して話しているのか?
話し終わった後にどんな振り返りをしているのか?

カンジヤマ・マイムさんのプレゼンテーションに90分間触れ続ける中で、
今回のタイトルにある
『人の心が動くプレゼンテーション術
- art of interaction - 』
のエッセンスを得ることができるでしょう。

プレゼンテーションを進化させたい方の
ご参加を心よりお待ちしております。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

カンジヤマ・マイム 藤倉健雄さん
Ph.D(教育演劇学博士)。早稲田大学国際教養学部(SILS)講師。ニューヨーク州立大学演劇学部修士課程を経て、ウィスコンシン大学演劇学部博士課程修了。アメリカマイムの巨匠、トニー・モンタナロ氏に長年師事し、米国内の様々な大学にてマイムや教育演劇のクラスを指導する。マイム歴47年。マイム、教育演劇に関する著書、訳書、および論文多数。
なかでも2008年日本の教育演劇に関する博士論文が、アメリカ教育演劇協会より最優秀論文賞を受賞した。NHK国際放送「日本語クイックレッスン」のマイムコーナーを担当し、「おかあさんといっしょ」の身体表現コーナー「パント!」の振り付け、指導も手掛ける。
また身体表現とは別に話芸の天才、永六輔さんを師として仰ぎ、永六輔さんと一緒に十年以上全国を旅して歩きながらその話芸を学んだ。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

 

●日時:2/27(火)20:00〜21:30
●参加形式:オンライン(zoom)
●参加資格:デザイン経営会員およびPetixからお申し込みいただいた方
●参加費:¥2,000  ※デザイン経営会員は無料

※本会への参加は、zoomのお名前の実名表示とカメラオンでのご参加が必須になります

●Peatixのお申し込みはこちら
https://mdc-designforum2402.peatix.com/view


記事一覧へ